「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

ポキート日記

自意識

c0032056_17401678.jpg

「”欠点”と書いて”人間”という」
とポキートは言った。

「人類だけだよ、自分に欠点があると思っているのは」
「鳥類は、欠点についてあれこれ思わないもんね」

私は、唸った。
さすが小鳥は視点が違う。

「それより、撫でて」
[PR]



# by poquito_tamas | 2016-06-05 17:39 | 成長記_老鳥時代

淡々と

c0032056_14125171.jpg


こんにちは、ポキートです。
先月で13歳になりました。
まさかこんなに長生きするとは、

なんて特に思わず、
毎日を淡々と過ごしています。

嘘みたいに可愛い小鳥っぷりを発揮しつつ
日々穏やかに暮らしています。

今日も午後の昼寝をたっぷりと。
[PR]



# by poquito_tamas | 2016-04-24 14:18 | 成長記_老鳥時代

オカメ草子 [思案中]

c0032056_2024784.jpg


春はうたた寝 
やうやう眠くなりゆくオカメ
すこしモフりて
黄だちたる冠の
低くなたびきたる


夏は朝
晴れの日はさらなり
朝日もなほ
モフ粉の多く飛び違いたる
カゴを磨いてうち光りていくもをかし
小松菜やたら元気でをかし


秋は夕方
夕日のさして
おなかを満たしておこうと
小鳥の食べどころへ行くとて
飛び急ぐさへあはれなり
まして食後の水を飲む姿を身ゆるは
いとをかし
日入り果てて
嘴をこすり合わせる音など
はたいふべきにあらず

-----------

ポキートは今日も元気にうたた寝です。
冬の一節を思案中...

では特にないと思います。
[PR]



# by poquito_tamas | 2015-09-11 19:58 | 成長記_熟鳥時代

実践者

c0032056_19102187.jpg

常により良い生き方を求めるポキート。
この11年間の、全く妥協のない実践者としての在り方は、
私達に多くを教えてくれます。

いにしえのヨガの書物にも
「無理するな、無駄するな、続けよ」
という言葉があります。

今日も誘惑に抗うような無理はせず、
小さな粟であっても食べ残すような無駄をせず、
ひたすらついばみ続ける、この姿勢。
ポキート、あなたはなんて素晴らしい!
[PR]



# by poquito_tamas | 2014-05-15 19:12 | 成長記_熟鳥時代

夏のお楽しみ

c0032056_19192145.jpg

mgmg
[PR]



# by poquito_tamas | 2013-08-22 19:19 | 成長記_熟鳥時代

10歳になりました

c0032056_18391067.jpg

一本だけほぐれていない冠羽が....。

「うぐぐ、ほぐしたい、でも触らせてくれない」
という絶妙な距離感。
見事です。

さて、ポキートは10歳の誕生日を迎えました。
十年目の節目をいつもと変らず過ごし、
熟した小鳥の安定感を見せてくれました。

この10年間思えば、いろいろありましたが、
概ねモフモフとやってこれたことに感謝です。

飼鳥としての円熟振りを特に感じる点は、
・少々の地震、雷、花火では、オカメパニックを起こさない
・カラスは外に住んでいることをわきまえている
・眠い時は、所構わず寝る
などでしょうか。

これからも心を込めてお世話させていただきますので、
日々モフモフと幸せに過ごしてください。
[PR]



# by poquito_tamas | 2013-03-04 18:41 | 成長記_熟鳥時代

モリモリと

c0032056_13114070.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくございんこ。

オカメお節を美味しくいただくポキート。
熟インコの魅力に溢れています。
[PR]



# by poquito_tamas | 2013-01-02 13:13 | 成長記_熟鳥時代

表情

c0032056_19375970.jpg

小鳥の表現力には、
驚くべきものがあります。

c0032056_19394517.jpg

どんな角度でも、
至福を感じさせるこの豊かな表情。
どっちが上か、なんだかよくわかりません。

いえ、
この「至福」という本質を最大限に表現している小鳥の前では、
もはや角度はどうでもよいのです。

ああ鳥類は何と素晴らしい進化を遂げたのでしょうか!
[PR]



# by poquito_tamas | 2012-10-11 19:45 | 成長記_熟鳥時代

小鳥式呼吸法

c0032056_19233120.jpg

1)小鳥を指に乗せ鼻孔に近づける
2)反対の手の指で小鳥の首・頭部・嘴付近を掻く
3)小鳥の無防備な部位に鼻を静かにうずめる
4)両鼻から深く息を吸い込む
5)小鳥の体温、アロマ、モフなどをじっくりと味わう
6)吐く息と共に小鳥への愛情が高まるのを感じる。

毎朝この呼吸法を行い、
人生が変わったという方がたくさんいます。
また大変中毒性の高い行法としても有名です。

この呼吸法で
「モフりモフられ嗚呼幸せ」の精神が宿り、
さらに強化され、心が落ち着いてきます。
小鳥への愛情と感謝が深まり、
鳥類の偉大さを褒め称えたくなります。

小鳥の方では、
協力したい気分の時と、
構ってほしくない気分の時がありますので、
相手の顔色を伺いつつ行いましょう。
[PR]



# by poquito_tamas | 2012-09-09 19:31 | 成長記_熟鳥時代

モフりモフられ

c0032056_1245377.jpg

モフりモフられ
嗅ぎ噛まれ
[PR]



# by poquito_tamas | 2012-07-02 12:43 | 成長記_熟鳥時代

オカメインコのポキートのブログ。
by poquito_tamas
プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧

ライフログ

鳥サイエンス
鳥好き必見雑誌
今一番熱望してる本
タイトル最高