人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ポキート日記

療養生活


最近のポキートさんは、ご自宅でゆっくり療養中です。
30度に保たれた暖かいマイカゴの中で、
温々とうたたねをし、
麻の実やナッパやごはんをたっぷり食べ、
気持ちのよいマッサージを受け、
ゆったりと過ごしています。

というもの、卵が詰まってしまって
すっかりさっぽろ小鳥のクリニックのお世話になっていました。

療養生活_c0032056_225127.jpg

[写真]
診察台でされるがままのポキート

ここしばらく、ポキートさんは「お腹に卵あります」モードだったのですが、
4月上旬に卵を一個産んだきり、
なかなか2個目を出してくる様子がありませんでした。
冬に逆戻りしたような冷え込んだ日もあったので、
ちょっと寒くてきつかったみたいです。

そして先週、ガクっと体調を崩してしまいました。
卵は病院で処置してもらったので
幸い大事には至らなかったのですが、
かなり体重が減り体力を消耗してしまったようです。

療養生活_c0032056_2252461.jpg

[写真]
ポキの小さな体に卵が、、、。
左のレントゲン写真→横向きで撮影
右のレントゲン写真→下から撮影

今回の卵詰まりは、
卵の向きが逆になってる/卵がななめ/殻がしっかりしていない/カゴの温度が低い/カルシウム不足?等々の要因が重なっておきたそうです。

病院によると、産卵時期はとにかく温めてあげることがよいそうです。
鳥の様子をみつつ30~32℃くらいが適当とのことです。ポキカゴは夜は23℃、昼は室温で18~22℃くらいだったと思うので寒すぎたようです。
実際に保温してみると、カゴ内を30℃に保つのは技が必要ですね。病院で保温マニュアルをいただき詳しく説明してもらったので、大変役立ちました。ありがとうございました。

療養生活_c0032056_2253618.jpg

[写真]
麻の実を食べるポキートさん

また、食欲が落ちてしまい、ひどくぐったりしてしまいました。
もともとポキのベスト体重は76~78gですが、
68gくらいまで落ちてしまいました。
こうなると、体力気力が萎えてくるみたいです。

大好物の麻の実だけは、"ちょっと食べたいかも"という様子をチラリみせたのですが、
自分で殻を割る力もありませんでした。
殻割りサービス付きで提供してみたところ、数粒口にしてくれました。
それがよかったらしく、それから食欲が出てきたようです。
麻の実、ありがとう。命の恩実!


この春でポキートは6歳になりましたが、
今まで特に大きな怪我や病気をしたことはありませんでした。
今回は改めてポキートの小鳥ライフを見直す良い機会になりました。
また、体調管理については学んだ事がたくさんあり、ポキートの家政婦は、"わたくしが至らず大変大変申し訳ありませんでした。特に産卵期は細心の注意をこめて、これからも誠心誠意込めてお世話させていただきます"と涙を流しながら語っていました。
さっぽろ小鳥のクリニックのみなさま、病院通いをサポートしてくれたダマタカ&ダマズコさま、お見舞いの言葉をくれた皆様
ありがとうございました。



by poquito_tamas | 2009-04-29 22:12 | 成長記_ミセス時代

オカメインコのポキートのブログ。
by poquito_tamas
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

画像一覧

ライフログ

鳥サイエンス
鳥好き必見雑誌
今一番熱望してる本
タイトル最高